南の空見て何思う

 昔むかし厚別区厚別中央3条2丁目に、酒部美容室が開業しましたとさ。  ときは昭和54年ごろのある日、ご主人の酒部秀夫さんが、焼き物のタヌキを買ってきました。お店の前に置いたところ、愛くるしいタヌキはそれはもう大人気。近…

多くの新提案があったあつべつ区民協議会

 親子でまちを歩き目についた特色を記録してみよう。  それを集約すれば「地域資源マップ」になる。  この夏休みの自由研究にしてはどうか―。  3月24日(木)に新さっぽろアークシティホテル(厚別区厚別中央2条5丁目)で開…

堀澤区長に知事感謝状を伝達

 厚別区で交通死亡事故の悲報を聞かなくなって900日―。高橋はるみ知事は3月23日(水)、厚別区に宛てた感謝状を堀澤純一区長に伝え、住民総ぐるみで行われている事故防止運動をたたえました。気を緩めず事故抑止に取り組み続ける…

子どもたちによるハンドベルの演奏で開幕

 幼児から高齢者までみんな一緒に過ごす手作りイベント、第6回「もみ人ふれあい祭り」が休日の3月21日(月)、もみじ台管理センター(厚別区もみじ台北7丁目)で開かれました。約1,200人が集まり、各種のステージ発表をはじめ…

黙々とトレーニングに励む地域住民。混んでいれば順番待ちのことも

 厚別南地区センター(厚別区厚別南7丁目、上野幌小4階)が地域の人たちに無料開放しているトレーニング機器の利用が活発化してきました。特にこの冬場には中高年層を中心にエアロバイクなどの利用が定着し、2015年度全体では過去…

会場には春を待つ思いがあふれていました

 日陰に残る雪を横目に、花の種をまくガーデニング入門講座「種から苗を育ててみよう」が3月19日(土)、厚別区民センター(厚別区厚別中央1条5丁目)で開かれました。約60人の参加者はマリーゴールドとスイートアリッサムの種を…

合唱と手話表現で脳を活性化する「うたと体操を楽しむつどい」

 底抜けの爆笑が何度も会場を包みました。もみじ台管理センター(厚別区もみじ台北7丁目)で3月18日(金)に開かれた「うたと体操を楽しむつどい」です。参加した約120人は手話を交えて歌う試みに挑戦しつつ、腹筋を鍛えるかのよ…

「日曜実験室」は器具の使い方から

 札幌市青少年科学館(厚別区厚別中央1条5丁目)が小中学生向けに開設している日曜実験室が、新しいシリーズに入りました。「とける 溶ける 謎が解ける」と題し、白衣姿の「小さな研究者」たちが誇らしげに実験しています。  3月…

ル・コックの足立茂さんとみすずさん

 あのお店は何? あんどんを見てしまったら気になって仕方ないそのお店は、西洋料理の「ビストロ ル・コック」。大谷地の南郷通に面した小さなレストランは、プロならではの料理と驚きの良心的価格で、多くのファンを魅了しています。…

バロック音楽を身近にした室内アンサンブル「レ・ポムポム」

 札幌を中心に活躍するプロ演奏家の室内アンサンブル「レ・ポムポム」を招き、あつべつ区民音楽祭が厚別区民センター(厚別区厚別中央1条5丁目)で3月12日(土)に開かれました。約300人の聴衆は春にちなんだバロック音楽に浸り…